海外業者
fsdf

金融緩和縮小の方法

レバレッジをかけて大きなリターンを狙う

fsdfレバレッジではテコの原理が応用されており、少ない証拠金でも効率のいい投資が出来るメリットがあります。レバレッジをかけずに10%のリターンを得ようとすると大変ですが、レバレッジ10倍をかければ1%のリターンが得られれば10倍の10%に達します。

大きなレバレッジをかければかけるほど大きなリターンを狙えますが、思惑が外れてポジションより逆に為替相場が動いてしまうと大きなリスクを背負ってしまいます。追加保証金の入金を余儀なくされたり、強制的にロスカットされてしまうと、一度の失敗で退場に追い込まれかねませんので、

レバレッジの過度なかけすぎには注意が必要です。最近では国内FX会社ではレバレッジ規制が導入され、個人口座は25倍までという制限が掛けられてしまいました。法人口座ならレバレッジ規制はありませんが登記している法人であることが開設の条件です。そこで国内のレバレッジ規制には関係ない海外FX会社に口座を開設するトレーダーが多いです。

海外FX会社とは文字通り海外に拠点を置いているFX会社の事です。英語が出来ないと口座開設や取引が難しいイメージがありますが、日本語対応している海外FX会社も多いです。日本人による日本語サポートを行っている海外FX会社もあり、取引方法や入出金方法など何かわからない事があっても安心です。日本語対応していない海外FX会社もありますので、英語が苦手な方は日本語対応の海外FX会社を選んで口座開設されると良いです。

また、海外FX会社には入金ボーナスなど国内FX会社には無いお得なボーナス特典があるのが魅力です。国内FX会社を利用していて取引で損失が膨らみ、証拠金に対して一定水準を割り込んでしまったら、ポジションを解消するか、追加保証金を入金しないといけません。それをせずに放置して証拠金維持率50%を割り込むと強制的にロスカットされてしまいます。

海外FX会社ではゼロカットシステムを導入しているところが多く、証拠金残高がマイナスになることがありません。リーマンショックなどで急激な為替変動があっても、必ず追加保証金の発生がゼロで入金することはありせん。とくにハイレバレッジが使用できる海外FX会社では有効なシステムです。しかし国内FX会社では完全信託保全が義務付けられていますが、海外FX会社では完全信託保全は整っていません。万が一のときに預けた証拠金が戻ってこないリスクがありますので、きちんと信頼性の高い海外FX会社を選ぶことが大切です。

インデックス投資

インデックス投資とは、株式投資の運用方法の1つで、アクティブ運用と比較されることが多い投資法です。では、どのような投資方法かと言うと、「インデックス」と連動した値動きを目指すのですが、インデックスとは、日経平均やTOPIXといった株式市場全体の動きを表した指標のことを言います。つまり日本の株式市場の平均値を表した指標のことになります。

インデックス投資とは、市場の平均値にそって、株式の売買をプログラムを使って行います。基本的には市場の平均値と同じような動きになりますので、市場の平均値が高くなると儲かりますし、市場の平均値が低くなると損をしてしまうことが多くなるわけです。

これに対して「アクティブ運用」とは市場の平均値を上回ることを目標に運用を行い、各銀行や証券会社のファンドマネージャーが自身の判断を持って株式の売買を行います。コンピューターではなく、人間が判断をして運用するものです。

これだけ聞くと、「じゃあ、アクティブ運用の方が良いじゃないか」と思われるかもしれませんが、実は今やインデックス投資の方が人気になっているのです。というのも、少し株式投資の経験がある方ならお分かりかもしれませんが、株式投資で常に勝ち続けることは不可能です。また、アクティブ投資はインデックス投資に比べて、販売手数料や運用報酬などのコストも余分にかかりますので、常に勝ち続けることが余計に難しくなるわけです。実はアクティブファンドの成績があまり芳しくないというデータも出ています。

インデックス投資も常に勝てるかと言うと、もちろんそんなわけにはいきません。投資で勝つにはやはりコツが必要となってきます。そのコツに、いち早く気づいた投資家さんが日本ではマイナーだったインデックス投資に投資を始めたのです。

実は、そのコツはいたってシンプルです。安いときに買って高くなったら売るということです。「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、投資というと、つい、難しいことをしないと勝てないとか、とにかく勉強が必要だと思ってしまいがちで、この当たり前のことを忘れてしまうのです。この当たり前のコツを使って勝ちやすいのは、市場の平均値にそって運用するインデックス投資だからこそなのです。

平均値に沿うインデックス投資だからこそ、日経平均などが下がったときに買って、日経平均が高くなった頃に売れば、利益を生むことができます。インデックス投資をする上で最も勝率の高い方法は、いわゆる○○ショックが起こった後なのです。リーマンショックのような○○ショックの後というのは、株価が大暴落しますので、普通は株式投資から離れる投資家が多いのですが、逆にインデックス投資を始める良いポイントになります。なぜなら、株価が大暴落していますので、後は上がるしかありません。このタイミングでインデックスを買っておいて、のんびり待っていれば自然と利益が乗ってくるというわけです。