海外業者
fsdf

金融緩和縮小の方法

超円高、超円安はFX取引で有利?

9fsdf少し前までの日本は、1ドル90円台前半という超円高の時代でした。そしてその頃に証券会社やネット上などで良く言われていたのが、超円高なのでFXを始めるには、絶好のタイミングであるという広告でした。しかしFXの特性を考えると、その超円高は、果たしてFXにおいて、本当にそんなに良い時期だったのでしょうか?

結論から言うと、それは間違えていると言わざるを得ません。FXの特徴の1つは、通貨を売ることができれば、買うこともできることであり、その中でも最も特徴的なのは、売りから入ることができることです。その辺りが、例えば外貨預金などとは、大きく違う点です。つまり円高が、絶好のタイミングと言うのは、外貨預金なら当てはまります。その後の為替が円安に動けば、その差益が出るからです。

しかしFXは、すでに言ったように売りから入ることができることからも分かる通り、どんな相場であっても取引ができ、そして利益を出すことが可能なのです。つまりその時が超円高、あるいは超円安であっても、その時点から円高に進むと予想するのなら売りから入り、円安に進むと読むのなら買いから入れば良いだけなのです。

ここまででお分かりの通り、円高が一服してしまったからFXを始めるタイミングを逃してしまったと考えている人がいるのなら、それは違います。FXは、その時の相場に応じた取引を行えば、円高環境、あるいは円安環境に関係なく利益を出すことができるのです。デモ口座が使えるBinary88では、世界の経済状況を分かり易く解説してくれます。

しかし外資FX企業において、円高や円安などの環境が、全く関係ないのかといえば、それも違います。それはスワップポイントで稼ぐ時です。スワップポイントで利益を狙う時は、円高でポジションを立てて、円安になってから決済して、その差益を得るのが基本ですから、超円高の時は確かにチャンスだったと言えるかも知れません。しかしそれもあくまで結果論で、この先もっと円安が進むと考えるのなら、まだスワップポイントも十分狙えると言えます。