海外業者
fsdf

金融緩和縮小の方法

投資取引で身を守るために

近年、人気を集めている金融商品の一つにバイナリーオプションがあります。
バイナリーオプションは、主に通貨を銘柄にしている投資取引で、例えば「現在1ドル110円の為替相場は、2時間後に1ドル120円よりも上になっているか、下になっているか」という二者択一の条件に予測を立て、当たれば配当金がもらえ、外れれば投資した資金を失うという単純明快なルールで、投資をしたことがない初心者も手軽に参加をしています。

しかし、こうした見た目の仕組みの単純さにバイナリーオプションを初めてみたのは良いものの、基本的に投資そのものをよく知らないために、様々なトラブルに遭遇し、取引業者との間で揉め事になるケースも大変に増えてきています。

こうしたことの一因として考えられるのは、バイナリーオプションという金融商品を取り扱っているのが、日本国内の業者だけであるとは限らないという点にあるでしょう。

日本国内の取引業者は、金融庁からの通達により厳しい規制の下で取引きが行われていますので、ローリスクローリターンではあるものの、比較的に安全性と信頼性が高いとされています。

これに対し、海外の取引業者は日本の金融商品取引業の登録をしていないところも多く、当然、国内のバイナリーオプションの規制を受けることもないため、自由度と投機性が高く、ハイリスクハイリターンな取引きになるということが挙げられます。

また、こうした海外の取引業者も、現在ではウェブページなども完全に日本語化されており、カスタマーサポートなども日本語での対応が可能であったり、業者によっては 日本人スタッフによる電話サポートなどを用意しているところもあるため、国内の取引業者との見分けがつきにくくなってきています。

こうした現状があるために、投資取引と全く知らない初心者の投資家たちが、何も知らず業者の宣伝文句を鵜呑みにして取引をしてしまい、結果的に投資に失敗してしまうという例もあるようです。
また、この他では取引業者に開設をする取引口座に資金を預け入れ、投資に成功したので配当金を引き出そうとしたところ、なぜか引き出しが行えなかったり、優秀な投資家が資金を運用して利益を返すサービスがあると持ちかけて、実際には資金を目減りさせて元本割れさせるなど、明らかに投資家を食い物にするような悪質な業者がいるということも、また事実なのです。

万が一こうしたトラブルに巻き込まれてしまった場合には、決して泣き寝入りせず、また個人で対応、解決をしようとせずに、まずは消費者センターなどに相談をすることをお勧めします。